HOME | 教習内容 > 安全な進路・車線変更

安全な進路・車線変更

走行中は、駐停車している車を避けるためにも、車線変更しなければなりません。まわりの安全を確かめて、タイミングよく進路変更していきましょう。「アカサカペーパードライバー個人指導」では、安全な進路変更ポイントもしっかりとご指導いたします。

進路変更のしかた

進路変更のしかた まずは、自分の車と対向車の速度を見極め、どの場所ですれ違うかをイメージします。道路の幅を考え、すれ違うことができる場合には、先に進路変更をおこなって通過します。すれ違うことができない場合は、速度を落としながら、対向車が通過するのを待ったり、すぐに進路変更できる角度と位置で停車します。

駐車している車の横を通過する場合は、対向車が来ていないことを確認し、通行してください。車間が狭い場合には、ほかの車の側方間隔を注意しながら、徐行で通過しましょう。その際、左側の間隔は必要以上にあけないようにします。障害物に接近しすぎると、よけにくくなるので、手前で止まってください。

ATTENTION

[ 進路変更時の注意 ]

進路変更は危険がいっぱい。大型車のかげから子どもが飛び出してきたり、障害物をよけた路地から、対向車が出てくることもあります。細心の注意を払いましょう。

右・左折にともなう進路変更のしかた

バックミラーや目で安全を確認し、前後の交通の流れをつかんでタイミングよく進路変更しましょう。交差点で右・左折するときは、交通状況を読みとり、早めに進路を変更することが必要です。 右・左折にともなう進路変更のしかた
ATTENTION

[ 進路変更時の注意 ]

交差点に近づきすぎると、車線の変更が難しくなり、ほかの車の迷惑にもなります。早めの進路変更を心がけましょう。


ページのTOPへ