HOME | 教習内容 > 高速道路教習

高速道路教習

「アカサカペーパードライバー個人指導」では、高速道路の教習もおこないます。高速道路は一般道とは異なり、合流やインターチェンジからの流入など、注意することはたくさんあります。高速道路ならではの注意点を伝授します。

高速道路での運転のしかた

高速道路教習 加速車線で十分に加速し、ほかの車の進行を妨げないようにしましょう。

本線車道への進入

本線車道へ入るときは、早めに右へ合図を出し、バックミラーと目視で本線車道上の車を確認してください。その間に加速し、進入した後、合図を戻します。加速しないで急に進入するのは危険です。十分に加速をおこないましょう。

本線車道での走行

十分な車間距離を保つ十分な車間距離を保つ

本線車道では、交通の流れに合わせて十分な車間距離を保ち、一定の速度で運転しましょう。

追い越し方法

追い越しする場合、まずは後方の車に十分気をつけて右に合図を出しましょう。その後、進路を変え、追い越した車がルームミラーに映ったら左へ合図し、元の車線に戻ってください。

合流地点での気配り

進入車がある場合は、後続車に注意しながら追い越し車線に移り、進入車に進路をゆずりましょう。

トンネル時での注意トンネル時での注意

トンネル内では、照明設備があってもライトを点灯してください。また、トンネル出口では横風を受けることがあるので、ハンドルをとられないように注意しましょう。

IC、PA、SA付近の通行

インターチェンジ(IC)、パーキングエリア(PA)、サービスエリア(SA)から、本線車道に流入する車がいる場合には、後続車を確認しつつ、追い越し車線に入るのが安全です。IC、PA、SAから本線車道に本線車道に入る際は、本線車道を通行している車に注意し、十分加速してから合流しましょう。

故障したとき

故障したときは、路肩(路側帯)に車を入れて、できるだけ左側に駐車します。非常点滅表示灯をつけ、停止表示器材を車の後ろに置きます。非常電話で連絡した後は、車内で待機しているのではなく、安全な場所に避難しましょう。

本線車道からの離脱

出口に近づいたときは、追い越しはせずに、左へ合図しゆっくりと減速車線に入りましょう。減速車線では、スピードメーターで確認しながら十分に速度を落としていきます。高速道路から一般道路へ出たときは、速度を出しすぎてしまうので、十分な注意が必要です。

高速走行前の点検

高速道路では、燃料切れによる故障が多いので、あらかじめガソリンの量は確認しておきましょう。また、タイヤの損傷が激しいとパンクする原因となるので、タイヤのミゾの深さや空気圧などもチェックしてください。冷却水が不足するとオーバーヒートを起こしてしまうので、冷却水の量を確認することも忘れてはいけません。

ATTENTION

[ 高速道路運転時の注意 ]

高速道路を安全に走るためには、道順や休憩場所を確認し、到着時間よりも余裕を持ってでかけましょう。睡眠不足での運転は危険ですので、前日は十分な睡眠をとってください。


ページのTOPへ